阿武隈のイヤシロチはどこだ2009/07/18 20:29

楢崎皐月が唱えた「イヤシロチ/ケカレチ」論は、前から気になっていたのだけれど、今イチあやふやというか、のれない感じでいた。
今日、思い立って、我が家周辺の地図をコピーし、地図に出ている山頂をどんどん線で結んでいった。
単純に、「高み」を結んだ線の交点がイヤシロチということにして見てみると……。
結構面白い結果になった。
平伏沼は糠馬喰山と鬼ヶ城山を結んだ線と、万太郎山と鬼太郎山を結んだ線の交点にある。
うちも、いくつかの線の交点に位置していた。おお、イヤシロチだ。
この単純な線引きをしていくと、自分の家にとって大切な山は何かが分かる。ある山とある山の山頂を結んだ線上に位置していれば、その両方の山は家の守り神となる山かもしれない。
その論でいくと、我が家にとって、大津辺山は大切な山だと改めて分かった。
うちだけでなく、大津辺山はこのへんの「山頂を結ぶ線」がたくさん集まってくる中心地でもある。
鬼ヶ城山と鬼太郎山を結ぶ線上にあり、おおたかどや山と弥宣の鉾(通称アンテナ山)を結ぶ線の延長上にあり、糠馬喰山と黒佛木山を結ぶ線上にあり、矢大臣山と萩塚山を結ぶ線上にあり、屹兎屋山と小猿合を結ぶ線上にある。これらの一大交点、つまり、大津辺山そのものが一大イヤシロチなのだ。
これだけ大切な山に大量のコンクリートを流し込んで巨大なゴミを建てようなどということを考える人間には、間違いなく天罰が下るだろう。

なんとしてでもCEFの魔の手を排除せねば。

コメント

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://gabasaku.asablo.jp/blog/2009/07/18/4443992/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。


タヌパック書店
小説、狛犬本、ドキュメンタリー……「タヌパックブックス」は⇒こちらから


「タヌパックブックス」はAmazonで購入でも買えます
医者には絶対書けない幸せな死に方
「医者には絶対書けない幸せな死に方」(講談社プラスα新書)
2018年1月18日発売  内容紹介は⇒こちら

以下のいずれからでもご購入できます(Click)
Amazonで買う   hontoで買う    7ネットで買う  bookfanで買う  LOHACOで買う  Yahoo!ショッピングで買う  楽天ブックスで買う


『So Far Away たくき よしみつSONGBOOK1』

原発が爆発する前の2010年、阿武隈山中のスタジオにこもって制作した自選ベスト曲アルバム
「メロディの価値」を信じての選曲。20代のときの幻のデビュー曲から阿武隈時代に書いた曲まで、全13曲
iPhone、iPadのかたはiTunesストアから、アマゾンmoraでも試聴可能


iTunesで!    アマゾンで!   
   

『3.11後を生きるきみたちへ 福島からのメッセージ』
『3.11後を生きるきみたちへ 福島からのメッセージ』 (2012/04/20発売 岩波ジュニア新書)…… 3.11後1年を経て、経験したこと、新たに分かったこと、そして至った結論
今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う

立ち読み版は⇒こちら
裸のフクシマ 『裸のフクシマ 原発30km圏内で暮らす』(たくき よしみつ・著) (2011/10/15発売 講談社 単行本)…… ニュースでは語られないフクシマの真実を、原発25kmの自宅からの目で収集・発信。
今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う

立ち読み版は⇒こちら

Kindle Unlimited なら無料で読めます↓