ガイガーカウンター到着2011/03/20 15:18

昨日(19日)昼頃、発注してあったガイガーカウンター(RADEX RD1706)が届いた。
イギリスのショップから取り寄せたのだが、そのショップも、昨日見たら、すでにすべての携帯式ガイガーカウンターは売り切れていた。
ショップのJameさんからは「Thank you for your email. We are pleased that your order arrived fairly quickly and that you are safe and well.
Hope you manage to keep safe and well.」という短い励ましのメールが届いた。
売り切れ!

RD1706はそこそこ高性能なガイガーカウンターで、放射線量の測定可能範囲は0.05~999マイクロシーベルト。
つまり、1ミリシーベルトまでを計れる。詳細には、
ガンマ線:0.1~1.25MeV(ミリオン-エレクトロン-ボルト=イオン・素粒子などのエネルギーの単位を表す)
X線:0.1~1.25MeV
ベータ線:0.25~3.5MeV

リアルタイムにマイクロシーベルト値でその場の放射線量を表示し、設定値以上になると警告音やバイブレーションで警告を発する。また「バックグラウンドモード」というのがあり、最初にその場の環境標準値(5箇所で5回計って平均を出す)を測定し、バックグラウンドモードに切り替えると、その基準値をどれだけ上回ったかを示す。
一般向けのRD1503、RD1503+といったモデルより上級機で、測定線量が1桁高いところまで計れる(一般向けの1503シリーズは上限が99マイクロシーベルト)のとバックグラウンドモードが使えるのが特徴。
すでに30km離れていても150マイクロシーベルト以上を計測している場所もあるので、そういう場所では99マイクロシーベルトまででは振り切れてしまうのでこっちにしたのだ。

ロシア製。ボタンにマークも付いていない。でも、説明書を読んだら(ロシア製だが、説明書は英語)、想像していたよりはるかに簡単・明瞭な機械だったので安心した。
ツイッターで、ガイガーカウンターは初期設定や調整が難しく、素人には到底扱えるものではないなどと言っていた人もいたが、それは研究所にある本格的な測定器の話だろう。さっき見たテレビで、東工大の助教が同じものを持って「このスタジオでは○○で、まったく安全です」とやっていた。

これによれば、現在僕がいる川崎市麻生区では、0.15マイクロシーベルト前後である。
日本における大地からのγ線の時間当たりの空間線量率は、0.02~0.08μGy/h(1時間あたり)であり、ラドンを除く自然放射線による年当たりの線量当量率は、約1.1mSv/y(年間)だそうだ。1.1ミリシーベルト/年ということは、年間1100マイクロシーベルトだから、365×24で割ると0.12~0.13マイクロシーベルト。数値そのものはまったく問題になる数値ではない。かつて、もっと高いときはいくらでもあった。しかし、関東地方での最近の数値は0.0xマイクロシーベルトだから、原発事故の影響で高くなったことは間違いない。

このまま収束してくれると思っていたのに、最新のニュースによれば、3号炉(プルトニウムを含んだMOX燃料が炉内に入っている!)の炉心溶融が進んでいるらしく、格納容器に穴を開けて圧力を下げないと危ないらしい。これは危機的な状況だ。建屋はすでにボロボロで、格納容器は剥き出しなのだから、それに穴を開けるということは、高濃度放射能が風に乗ってばらまかれることを覚悟の上で、そうしないと爆発する状況まで来てしまっているのだ。
まったく、どこまで期待を裏切られ続けるのだろうか。

11日、津波でバックアップ電源がすべて流された段階で、とりあえず大型蓄電池を運び込むことはできなかったのか。そういう備えが数百キロ圏内にさえなかったということなのか。


★義援金にご協力を★取次業者、ROUTER.FM様のご厚意により、2011年3月16日から同4月15日までの1か月間、タヌパックを含める全レーベルの音楽配信における取次手数料全額が東北関東大震災への義援金として使われることになりました。音楽を聴いて心を落ち着けながら、些少でも寄附ができるということです。右のアルバム試聴プレイヤーのBUYでご希望の配信ショップ(iTunesストアやAmazonなど)からご購入できます。ご協力を!! 

箱を開けてみる。思っていたより小さいな


とりあえず測定したところ、0.12マイクロシーベルトだった


バックグラウンドモードを起動するために5箇所の平均値を計測する画面

取説には、1.20マイクロシーベルトを超えたらその場から離れて、しかるべき組織に連絡した上で適切な処置を受けよという注意が書かれている。
文科省の測定では、昨日の東京(新宿区)や神奈川(茅ヶ崎)の測定値は0.04マイクロシーベルト前後で、0.15レベルが宇都宮市、水戸市で0.17くらい。もしRD1706の計測値0.12が正しければ、昨日の宇都宮市や水戸市よりは少しマシな程度ということになる。
いずれにしても、この数値自体は全然問題にならないのだけれど、いつもの値でないことは確か。

テレビで嬉々として喋りまくる石川迪夫を見ていて、1988年に放送された『朝まで生テレビ』を思い出した。顔がすっかり変わってしまっていたが、あのとき、推進派の先頭でひとり調子っぱずれなことをまくし立てていたのが石川迪夫だった。当時の肩書きは「日本原子力研究所・動力試験炉部長」。
正確な記録を見たいと思ってアマゾンに古書を注文した後、あれ? これってうちにあったのでは……と思って、書棚を見たらしっかりあった。うっかりしてしまった。
読み直してみると、広瀬隆や槌田敦がいかにまともなことを言っていたか、そして石川迪夫がその適確な指摘を関係のない数字や余計な説明を得意げにまくし立て、それに対して??となった司会の田原総一朗がいちいちストップさせて話題を変え、推進派の論理破綻に逃げ道を与え続けていたかがよく分かる。
詳細は今度、落ち着いたときに。
今は3号炉の致命的崩壊⇒高濃度放射能の拡散がとにかく心配だ。
3号炉はプルトニウムを含んだMOX燃料である。
なぜ日本でも有数の老朽化原発である福島第一でプルサーマルを許可するのかと迫られながらも認めた佐藤雄平県知事、国、そして、まったく必要のない危険因子追加行為を強行した東電は正気の沙汰ではない。


もう読むことなどないと思っていたのに……


政府やメディアに「生き方」まで指図されたくない2011/03/20 18:26

■安全ならいいというものではない
今日は3号炉に関する情報が朝から乱れ飛びました。
一時は「格納容器内部の圧力が高くなってきたので、やむを得ず人為的に内部の蒸気を外に出して圧力を下げる」と発表されました。
これが何を意味するかといえば、「このままでは最後の砦の格納容器が圧力に耐えきれずに爆発し、高濃度の放射能が広範囲に拡散することになる。その最悪の事態を避けるために、周囲に高濃度放射能が出ることは目をつぶって格納容器に穴を開けて(あるいは通常そうした用途では使わないバルブを開けて)蒸気をそのまま外に出す」ということです。
東電の記者会見で、どこかの記者が「そのバルブには放射性物質を濾過するフィルターはついているんですか」と質問をしましたが、訊かれた広報担当者は「ないと認識しています」と、小さな声で答えていました。
午後には、「圧力は高いものの安定したので、蒸気を抜く作業は見送る」と発表。
このときも、記者のひとりはかなり気色ばんで、3号機の水位や圧力の数値について「水位が変わっていないのではなく、抜けきっていて水位計が動いていないだけなんじゃないですか。すでに剥き出し状態なんじゃないですか」と詰め寄っていましたが、それに対して広報担当者は明確に否定できないでおろおろと手元の紙をめくりながら口ごもっていました。
素人考えですが、3号炉、あれだけボコボコに吹き飛んでいるのですから、配管などが壊れていることは明白でしょう。格納容器そのものが壊れていなくても、蒸気が配管などからだだ漏れ状態なのは、普通に考えれば当然のこと。
そもそも、電源が来ていないのに、どうやって圧力や水位を知ることができるのか不思議で仕方ありません。だれも近づけないわけだし、格納容器の上は瓦礫の山で、外から見ても格納容器がどんな状態なのか目で確認できないわけだし。どうやって彼らは圧力や水温、水位のデータを得ているのか、どなたか詳しい方に教えていただきたいものです。
5、6号機では、補助電源をつなげることができたので水が回り始め、水温が下がってきたという報告もありました。
言い換えれば、1号機が水素爆発する前に、なにがなんでも喪失した外部電源、バックアップ電源の代わりをすべての原子炉設備につなげられたら、ここまで悪化することはなかったでしょう。
近隣や都内のあらゆる大型電源車に緊急援助を頼むとか、そういう行動が必要だったはずです。
放射能漏れが少ない時点で、とにかく電源復旧に全力をあげるべきなのに、それをしていない。
官房長官は「あらゆるデータから判断して(3号機に)注水はされていると認識しているし、それは関係部署全員の認識でもある」というようなことを言っていましたが、その具体的根拠は示していません。すべてが東電からの伝聞によるものでしょうが、その東電がおろおろしているのですから、見ているほうはますます焦ります。

おっと、このことではなく、表題の件を書くつもりだったのでした。
基準値を超える放射能汚染が見つかった牛乳やほうれん草、水道水の報道が続き、そのたびにメディアも政府も「まったく問題ない数値」を強調していますが、専門家が決めた「安全基準値」を超えている状況が、生活をしていく上で問題ないのかどうかを判断するのは、結局は我々、つまり個々の住民です。
福島県民はこれから、あらゆる困難を前提にして生きていかなければなりません。
実際に居住地域に残留している放射性物質の量、そこから出てくる放射線の量、汚染された土壌や水、農作物などから体内に摂取してしまうであろう放射性物質の量、そして実際よりはるかに過剰に反応する風評被害(国内だけではなく海外からのものも含めて)。
人間ですから、少しでも現場から遠く離れたところで暮らしたいと思う気持ちはありますが、実際にはそうはいきません。ローンを抱えて建てたばかりの家があったり、農場や工場、勤め先などの生活基盤があるわけですから。
いろいろなことを考えた上で、多少の放射能による危険要素には目をつぶって、この地で生きていったほうがまだ幸せだ、あるいはそうするしかない、という判断をくだすわけです。それは政府やメディアではなく、住民が判断することです。
ですから政府も行政機関も、もちろん事故の根本責任者である東電や保安院も(保安院はいちばん役に立たないどころか、こういう事態を招く土壌を作りだした張本人。さっさと解散させて、別の緊急対策組織を立ち上げるべき)、出すのは生のデータだけで結構
「○○で△△という数値が出ました。これは安全基準値の○倍です」
それだけで結構です。
その数値や現実を受け入れた上で、どう生きるか、どう対応していくか、それは結局は私たちが決断していくしかないのですから。
CTスキャン1回分の放射線量の何分の一だとか、そんなメッセージを付け加えるから、ますます信用できなくなるのです。
「安全基準を超えているけれど、実際にはぜ~んぜん安全なんですよ」と言いたいのであれば、それは国や行政ではなく、別のグループ(研究者グループや民間団体、個々の学者、専門家)が言えばよい。私たちはそうしたメッセージを取捨選択し、吟味し、今後の生き方、暮らし方を決めます。
なぜなら、国が言ってきた「安全」は嘘だったということが、すでに今、目の前で証明されているからです。
国と一緒に安全だと言ってきた、あるいは国に安全だと言わせてきたトップの人たちが、この状況においても、テレビで笑いながら「あなたがたと違って私たちは専門家なんだから」という口調でしょーもない数字を並べてみせる。そういう人物に権力を与えてきたのは国であり、権威あるなんとか学会やら教育機関、超優良巨大企業であり、その人たちが今回の事故を起こしたのです。安全だ安全だと言い続ける人物を信用していいのかどうかは、私たち自身が決めます。

私個人で言えば、すでに50代半ばを過ぎましたし、20年後に癌になる確率が何倍になりますというような要素よりも、福島で生きていくということの幸せを選ぶでしょう。
いろいろなことを考えた上で、決めていくしかありません。その判断のもとになる「いろいろなこと」は、住民ひとりひとりで違います。
その判断に先回りし、人をバカにした「安全宣言」をするのはやめていただきたい。
「安全」というは、比較の問題です。でもそれは、CTスキャン1回分の放射線量と今福島原発から出ている放射性物質が原因の放射線量とを比較することではありません。
今回の許し難い人災により、原発周辺住民は、今までに比べて極めて困難な生活を強いられ、今までより安全ではない環境を、希望の持ちづらい未来を押しつけられました。そういう「比較」の問題です。
その中で、住民たちはみんな、必死に考えて、苦渋の決断をしながらこれから生きていくのです。

さらに言えば、人間が生きていく上で、理論上の安全より大切なことがあります。
それは「生き甲斐」。
生きていく甲斐がない生活の安全を保証されても、少しも嬉しくないのです。
そうした人間として大切な心の中のことにまで、いい加減な比喩や論理のすり替えでズカズカと踏み込まないでいただきたい。

曾爺さんの鐸木三郎兵衛が生きていたら、どんな行動をとっていたのか。あの世の三郎兵衛とツイッターでつながりたいものです。

★義援金にご協力を★取次業者、ROUTER.FM様のご厚意により、2011年3月16日から同4月15日までの1か月間、タヌパックを含める全レーベルの音楽配信における取次手数料全額が東北関東大震災への義援金として使われることになりました。音楽を聴いて心を落ち着けながら、些少でも寄附ができるということです。右のアルバム試聴プレイヤーのBUYでご希望の配信ショップ(iTunesストアやAmazonなど)からご購入できます。ご協力を!! 
■福島原発事故対策用臨時リンク集

⇒文科省提供、周辺の空間線量率の測定結果

⇒上と同じものを出しているYahoo!のミラーサイト(こっちのほうが軽いですが、更新が文科省サイトより少し遅いです)

⇒アメダスの風向き情報

⇒大熊町の天気予測(風向き予報がよく分かります)

⇒福島第一原発周辺の各種数値計測リポート(東京電力提供)

⇒阿武隈(から避難中)裏日記

タヌパック書店
小説、狛犬本、ドキュメンタリー……「タヌパックブックス」は⇒こちらから


「タヌパックブックス」はAmazonで購入でも買えます
森水学園第三分校 コロナで巣ごもりの今こそ、大人も子供も「森水学園」で楽しもう

『介護施設は「人」で選べ』

親を安心して預けられる施設とは? ご案内ページは⇒こちら

   

『3.11後を生きるきみたちへ 福島からのメッセージ』

『3.11後を生きるきみたちへ 福島からのメッセージ』

(2012/04/20発売 岩波ジュニア新書)…… 3.11後1年を経て、経験したこと、新たに分かったこと、そして至った結論
今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う

立ち読み版は⇒こちら
裸のフクシマ 『裸のフクシマ 原発30km圏内で暮らす』(たくき よしみつ・著) (2011/10/15発売 講談社 単行本)…… ニュースでは語られないフクシマの真実を、原発25kmの自宅からの目で収集・発信。
今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う

立ち読み版は⇒こちら

Kindle Unlimited なら無料で読めます↓