バンクーバーオリンピックやぶにらみメモ2010/02/19 17:50

毎日、テレビはオリンピック中継を流しっぱなし。
男子スノボのハーフパイプ。チャラオ代表の国母選手は、なかなかgracefulな演技でありましたね。最後、立てればメダルだっただろうけれど、そのへんがやっぱり王者ショーン・ホワイトとの差なのだろうか。
それにしても、あの競技って、ズボンずり下げてわざと難易度を上げているとか? 日本中のおっさんたちが、「ズボン上げなさい! ほら言わないこっちゃない、こけちゃって! そんなんじゃ着地で踏ん張れないでしょうが!!」とか、テレビの前で言っていたんじゃないだろうか。
ずり下がりすぎて、お尻丸見えの選手もいたなあ。お尻半分見せてプラス0.5点。お尻全部見せるとプラス1点とかの難易度加算があったりして。

今日はリアルタイムで男子フィギュアを見ていた。織田選手のスケート靴の紐が切れたというシーン、なんだったんだろう、あれは。滑る前からそうとう摩耗していたということか。あれを観て、後から滑走する選手たちはみんな自分の靴紐を確認したのかな。そのとき、よれよれの靴紐だったら、平常心が保てないだろうなあ。今から紐を交換する時間はないし、交換して違和感があったら嫌だし、かといって切れたら一巻の終わりだし……と。
それにしても、チャプリンをテーマにした演出がますます哀しく感じられたシーンでありました。

プルシェンコ、力が落ちたなあと観ていたら、やっぱり点数が伸びずに2位。4回転を飛ばずにまとめたアメリカのガテン系選手(エヴァン・ライサチェック)が優勝というのが、ちょっと物足りない。
前夜、ちょうど『世界丸見えテレビ特捜部』で、アメリカ代表のジョニー・ウイアーのドキュメンタリーをやっていたので、ウイアーと、ライバルのライサチェックの演技は、ついつい他より熱心に観てしまった。
ウイアーはミスらしいミスをせずまとめたのだが、点数が伸びずにこの時点で5位(最後はプルシェンコが上にきたので6位)。
『世界丸見え~』で紹介された番組では、ウイアーが「親しい友人」の男性と一緒に風呂に入りながらふざけ合っているシーンや、子供の頃に憧れて、以後、ずっと一緒だった女性コーチをクビにする経緯などが紹介されていた。おそらく、アメリカ国内で制作されたウイアーのプロモーション?番組っぽい素材を使って、『世界丸見え~』では、バンクーバーに合わせ、アメリカの変わり者スケーターという切り口で取り上げたのだろうが、このウイアーという選手、ネットでちょっと検索すると、動物愛護団体から、衣装に毛皮を使ったことで大ブーイングがあり、衣装変更に追い込まれたり、どう見てもゲイなのに、自分がゲイかどうかを公表しないことでいろいろ言われたり(余計なお世話だよなあ)、次から次へとメディアにネタを提供し続けてきたらしい。
表情に陰りがあったのが気になった。
最終的には、優勝のライサチェックが257.67、2位のプルシェンコが256.36でわずか1.31点の差。
3位の高橋が247.23で4位のランビエール(スイス)が246.72 で、わずか0.51点差。どちらもきわどかったのだね。
オリンピック公式ページで、この点をコピーしたら、面白いことにページには表示されていない詳細データがコピーされていた。よく見ると、成績表の横に「+」のボタンがあり、それをクリックすると採点の明細(詳細)が表示されるようになっている。
例えば、ライサチェックの点数は↓

--------------------------------------------------------------------------------
257.67 Expand
LYSACEK Evan
Total Score Executed Elements Factored Program Components Deductions
167.37 84.57 82.80 0.00
Planned Elements Executed Elements Base Value GOE Score
Triple Lutz + Triple Toeloop Triple Lutz + Triple Toeloop 10.00 1.40 11.40
Triple Axel Triple Axel 8.20 0.60 8.80
Triple Salchow Triple Salchow 4.50 1.00 5.50
Circular Step Sequence Circular Step Sequence 4 3.90 1.20 5.10
Flying Sit Spin Flying Sit Spin 4 3.00 0.80 3.80
Triple Axel + Double Toeloop Triple Axel + Double Toeloop 10.45 -0.56 9.89
Triple Loop Triple Loop 5.50 1.00 6.50
Triple Flip + Double Toeloop + Double Loop Triple Flip + Double Toeloop + Double Loop 9.13 -0.40 8.73
Triple Lutz Triple Lutz 6.60 1.40 8.00
Double Axel Double Axel 3.85 0.80 4.65
Fly. Change Foot Sit Spin Fly. Change Foot Sit Spin 4 3.00 0.50 3.50
Straight Line Step Sequence Straight Line Step Sequence 3 3.30 0.90 4.20
Change Foot Combination Spin Change Foot Combination Spin 4 3.50 1.00 4.50

Totals Executed Elements 74.93 84.57

Music:Sheherazade by N. Rimski Korsakov
Program Components Unfactored Score Factor
Choreography/Composition 8.35 2.00
Transitions/Linking Footwork 7.95 2.00
Interpretation 8.40 2.00
Performance/Execution 8.50 2.00
Skating Skills 8.20 2.00
Factored Program Components 82.80
Deductions Value
Time Violation 0.00
Music Violation 0.00
Illegal Element 0.00
Costume & Prop Violation 0.00
Fall 0.00
Interruption in Excess 0.00
Total Deductions 0.00

--------------------------------------------------------------------------------
……となっている。
Planned Elements Executed Elements Base Value GOE Score
Triple Lutz + Triple Toeloop Triple Lutz + Triple Toeloop 10.00 1.40 11.40
……は、予定として提出した演技は、トリプルルッツとトリプルトウループのコンビネーションで、これの基礎点は10.00。実際にやったのも同じで、これにGOE(Grade of Execution =演技審判によって0をベースとして-3から+3の7段階で評価された各要素のできばえ)が1.4点加算されて、合計11.4点ということになる。
かなり細かな審査なのだなあ。すごく大変そう。過去、変な採点を巡っていっぱいトラブルが起きてきたから、改善されたのだね、きっと。
プルシェンコの採点表には、こんなのがある。

--------------------------------------------------------------------------------
Planned Elements Executed Elements Base Value GOE Score Quad. Toeloop + Triple Toeloop + Double Loop Quad. Toeloop + Triple Toeloop 13.80 0.80 14.60
--------------------------------------------------------------------------------
予定では、4回転トウループ+トリプルトウループ+ダブルループの3連続コンビネーションだったのが、実際には4回転トウループとトリプルトウループになってしまって、基礎点13.8にGOE0.8を加えて14.6だよ、という意味だわね。
ダブルループを減らしても、4回転を成功させているから、このコンビネーションジャンプだけを見ればライサチェックの最初のコンビネーションジャンプに対する点数11.4より3.2点も高い。それでも合計では、ライサチェックが167.37、プルシェンコは165.51で、1.86点負けてしまったわけだ。プルシェンコがもし最初のジャンプを予定通り4回転トウループ+トリプルトウループ+ダブルループの3連続コンビネーションにしていて、成功させていれば、それだけで金メダルだったのだね。
採点表を見ていると、そういうところまで分かって実に面白い。
ちなみに、織田選手の紐切れ中断は2点マイナスになっている。あの紐切れは転倒したトリプルループの前に起きていたのだろうか。もし、紐切れが原因でトリプルループを失敗・転倒していたのだとしたら、紐が切れなかったら、中断による減点2点、転倒による減点1点、トリプルループでのGOEマイナス2.6点が全部消えるだろうから、最低でも5.6点は上乗せされる。238.54点+5.6は244.14点だから、順位は2つ上がって第5位だった。
……そんなことも、採点表を細かく見ていくと分かるのだねえ。面白い。
ついでに、減点項目の「Costume & Prop Violation(コスチューム、小道具違反)」というのも気になった。
これってなんだろう? ポロリとかがあったら減点とか、そういうのだろうか。例えば、織田選手がチャプリンを演じるために、加藤茶のようなちょび髭をつけて出てきたら、この減点対象になるのかしら。とっても気になる。
ついでに、この採点詳細を見ると、4回転はQuadと表記されている。これって、最近ではCPUの「クアッド・コア」とかで馴染み始めた言葉だけれど、日本ではなぜか、ダブル、トリプルの次はクアッドとは言わずに「4回転」と言っている。なぜだろう。「クアッド・トウループ」とか言うよりも、「4回転!」とか言ったほうが華々しく聞こえるから?

ニューイヤー駅伝2010観戦中2010/01/01 12:57

あけました。 裏日記はしばらく忘れてました。はい。表日記ばっかり熱心に更新。 ブログは面倒で、どうしても続きませんね。 全国的に荒れた元旦らしくて、大変そうです。あぶくまは雪がちらちら。ときどき風が吹いてぶわぁ~っと舞い上がってます。 ニューイヤー駅伝、正式には全国実業団駅団。今年はライオン戦士・ゲディオンが失速。露骨な外国人排除ルールで、やる気をなくしたか、あまりの寒さに萎えたか。 斎藤悠基は無事に区間賞デビュー。エース区間起用でもよかったんじゃないのかと思うのだが、案の定次のエース区間で3位にまで落ちて、ああ、今年もだめか……と思いきや、ちょっと居眠りしていた間に、徳本がトップを走っているではないか。こうなったら、このまま涙の初優勝までいってほしいね。

鐸木三郎兵衛と伊達稙宗(たねむね)2009/07/25 11:38

十代・鐸木三郎兵衛の肖像画
7月23日、福島市信夫山の墓地に、昨年8月に亡くなったお袋の骨を納めてきた。
集まったのは親父の親族だけ11名。
その後、先祖にあたる鐸木三郎兵衛が死ぬ前に住んでいた伊達の家にお邪魔して、三郎兵衛(=肖像画)の話などを聞いた。
まとめたものは⇒http://abukuma.us/takuki/09/102.htm
三郎兵衛が最後に住んでいた家は、伊達氏ゆかりの極楽院という寺で、今は伊達市指定文化財になっている。それで、ついつい、伊達氏のことまで調べてしまった。
5人の女性に14男7女を生ませた伊達稙宗……ねえ。羨ましいなあ。
……そうでもないか。
これだけ子供がいると、稙宗本人もどこまで分かっていたんだか怪しいもんだ。名前と順番を覚えるだけでも大変なのに、それぞれの嫁ぎ先やら養子入りなどを政略と絡めて考えなければいけないんだから。

お仕事週間終了2009/07/15 03:28

上智ライブ2009
4日から上京していた。
6日と13日が上智で授業。13日は恒例、KAMUNAの上智教室ライブ、今年はついに10回目。2000年から始めたので、10歳歳を取ったことになる。
12日は法事。去年、一昨年と身内が亡くなったので、一周忌、三回忌などなど、毎年何かある。来週は去年亡くなったお袋の納骨。
9月と10月に出る新書の打ち合わせ。KKベストセラーズと講談社現代新書。その他もろもろこなして、先ほど帰宅。
闇の中、すぐに池をチェックしたところ、げげげ、山葵池の水がすっかり抜けている。雨の加減で、流入口がふさがっていた。うううう~。
他の3つの池は無事みたい。土手池では小さなカエルがいっぱい懐中電灯の光りの中に浮かび上がった。まずはアカガエルが上陸している。
夜が明けたら細かく点検しなくては。
もう、3時半をすぎたので、今夜はとりあえず寝るわ。

心臓がバクバク2009/06/06 18:47

スパイシータンドール土浦店
ブログは苦手だ。普通のサイトのようにhtmlでローカル管理できないから。
阿武隈裏日記は、たま~~~にしか書かない。どーでもいい、身内向けの発信として当初スタートしたのだが、昨今はブログのほうが検索エンジンには引っかかりやすいようで、表日記よりよほどひょいひょいと検索されてしまう。
サーバーの移転などがあって、メンテもできず、そのうち設置したことさえ忘れていた。
この際、きれいにしてから再出発、というか、一応、置いておこうということで、再々設置。

今日は土浦の古い総合病院まで行ってきた。うちの村からは片道200kmある。
前回、WWP症候群の疑いということで検査を受けたのだが、心臓を一瞬止めるテストというのをやった結果、WPWではなさそうだということになった。しばらくは経過観察ということに。
帰りに、この前入った回転寿司屋に寄ったら、満員で並んでいる。断念して、インターのそばにあるインド料理の店へ。バイキング形式で、土日・休日は大人1350円。
歳をとるとそんなに食えない。と言いつつ、せっかくだからと、6種類あるカレーは全部味見してきた。
まだ満腹感が続いている。

タヌパック書店
小説、狛犬本、ドキュメンタリー……「タヌパックブックス」は⇒こちらから


「タヌパックブックス」はAmazonで購入でも買えます
医者には絶対書けない幸せな死に方
「医者には絶対書けない幸せな死に方」(講談社プラスα新書)
2018年1月18日発売  内容紹介は⇒こちら

以下のいずれからでもご購入できます(Click)
Amazonで買う   hontoで買う    7ネットで買う  bookfanで買う  LOHACOで買う  Yahoo!ショッピングで買う  楽天ブックスで買う


『So Far Away たくき よしみつSONGBOOK1』

原発が爆発する前の2010年、阿武隈山中のスタジオにこもって制作した自選ベスト曲アルバム
「メロディの価値」を信じての選曲。20代のときの幻のデビュー曲から阿武隈時代に書いた曲まで、全13曲
iPhone、iPadのかたはiTunesストアから、アマゾンmoraでも試聴可能


iTunesで!    アマゾンで!   
   

『3.11後を生きるきみたちへ 福島からのメッセージ』
『3.11後を生きるきみたちへ 福島からのメッセージ』 (2012/04/20発売 岩波ジュニア新書)…… 3.11後1年を経て、経験したこと、新たに分かったこと、そして至った結論
今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う

立ち読み版は⇒こちら
裸のフクシマ 『裸のフクシマ 原発30km圏内で暮らす』(たくき よしみつ・著) (2011/10/15発売 講談社 単行本)…… ニュースでは語られないフクシマの真実を、原発25kmの自宅からの目で収集・発信。
今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う

立ち読み版は⇒こちら

Kindle Unlimited なら無料で読めます↓