東日本に住む、という「賭け」2011/10/23 13:45

関東東北の汚染マップ(文科省発表のもの)

関東・東北に住み続けるという「賭け」

柏市(千葉県)根戸高野台の市有地で毎時57.5マイクロシーベルトというとんでもない空間放射線量が検出された。市が土壌を調べたところ、1キロあたり最大27万6000ベクレルの放射性セシウムを検出した(毎日新聞。10月22日)と発表した。
こういうことは今後もあちこちで起きるに違いない。つまり、今自分が暮らしている土地が比較的汚染が軽度だったとしても、知らないうちに危険地域になってしまうことはありえる。

一方、福島第一原発では、4号機の核燃料保管プールが建屋ごと崩壊し、中の使用済み(4号機では「使用中」も含む)核燃料がぶちまけられるのではないかという恐れがずっと続いている。
これは反原発の科学者から推進派だった専門家まで、異口同音に指摘している「今いちばん起きてほしくない事態」であり、その可能性は誰も否定できない。
4号機が倒れるというような事態になったら、あるいは他の予期せぬ事態が起きて高濃度の放射性物質が再び漏出したら、そのときの気象条件次第で、関東・東北のどこでも、飯舘村や津島並みの汚染になりえる。
関東・東北はすでに広範囲にわたって放射性物質が降下してしまった。都内、神奈川あたりでも0.1μSv/h超はあたりまえのことで、これは今後も当分下がらない。

福島第一原発の処理は、今後数十年かかっても「安定」的な状態に持ち込むことは不可能だ。
原子力を推進する側にいた人間もそのことは十二分に理解している。

//これほどの事故を起こした原子炉を廃炉にすることは、歴史上、全く前例の無い取り組みです。通常の原子炉であれば、過去に廃炉にした例はありますので、技術的にも可能ですが、それでも数十年規模の時間と膨大な手間と費用がかかります。

 しかし、福島原発の場合は、核燃料がメルトダウンを超えて、メルトスルーを起こしているわけです。通常の健全な核燃料であれば、上から一本一本、遠隔操作で引き揚げていけばよいのですが、福島原発の場合は、その核燃料が溶けて崩れ落ち、格納容器の下部と融合している可能性があるわけです。

 しかも、その放射能は、人間が近づいたら数時間で死亡するほどの高いレベルです。それは、私のような放射性廃棄物の専門家からみても、目を覆いたくなる状況であり、この状況の原子炉を安全に解体し、廃棄物を撤去することは、現在の技術では極めて難しく、廃炉が実現できるとしても、その計画立案と技術開発を進めるだけで、そもそも数十年はかかるでしょう。

 そして、その数十年の間は、極めて高い放射能を持ち、形を留めずに溶融した核燃料という、まさに高レベル放射性廃棄物が、福島第一原発サイト内に存在し続けるわけです。さらに、将来、廃炉が実現できたときには、取り出した膨大な高レベル放射性廃棄物の「中間貯蔵」と「最終処分」の問題が待ち受けています。(国民の信頼を失った日本の原子力行政 野田新政権が答えるべき「7つの疑問」――田坂広志・元内閣官房参与/多摩大学大学院教授インタビュー ~ 週刊ダイヤモンド)//


溶けた核燃料が今どこにどのような形で存在しているのかさえ誰も把握できていない。おそらく、圧力容器を突き抜けた分は格納容器の底を突き破り、一部は地下まで達しているだろうし、一部は壊れた配管を通してあちこちに拡散している。
さらには、国はなかなか発表しようとしないが、プルトニウムやストロンチウムといった、ごく微量であっても身体に取り込んでしまったらセシウムよりはるかに怖い核種が広範囲に飛び散ったことも間違いない。
福島県内で今後、金さえ出してくれればなんでもやるという「除染」が一斉に始まると、こうした恐ろしい核種がさらに再拡散し、体内に取り込んでしまう確率が上がる。

こうした状況の中、もはや関東・東北に住むことは一種の「賭け」だなと思わざるをえない。
おそらく大丈夫だろう……という思いこみで住む、ということだ。
僕自身の本能的な勘、あるいは想像では、確率的に8割安全2割危険というところだろうか。2割は放射性物質を体内に取り込んでしまって内部被曝を続けることにより病気になるという確率だ。
無論、この「8:2」にはなんの根拠もない。しかし、実際に生きていかなければならないのだから、あとは個人の判断、直感で「賭けてみる」しかない。
やりきれないのは、将来、癌、白血病、高血圧などになっても、それが放射性物質と関係があるかどうかはまったく分からない、証明できないということだ。

(10/24朝 追記)
その後の調査では、外から汚染土を運び込んだのではなく、そばを通っている側溝の破損箇所から水が浸みだしてセシウムが溜まっていったらしいということになった。⇒文科省発表はこれ
それならそれで、もっと怖い事態だ。
あちこちで「除染」作業が始まると、高圧洗浄機などで流された放射性物質は下水系を通って再拡散する。その過程で、今まで汚染度が低かった場所に放射性物質が追加されて溜まっていき、汚染の度合が高くなることもありえるわけだ。

コメント

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://gabasaku.asablo.jp/blog/2011/10/23/6166707/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。


タヌパック書店
小説、狛犬本、ドキュメンタリー……「タヌパックブックス」は⇒こちらから


「タヌパックブックス」はAmazonで購入でも買えます
医者には絶対書けない幸せな死に方
「医者には絶対書けない幸せな死に方」(講談社プラスα新書)
2018年1月18日発売  内容紹介は⇒こちら

以下のいずれからでもご購入できます(Click)
Amazonで買う   hontoで買う    7ネットで買う  bookfanで買う  LOHACOで買う  Yahoo!ショッピングで買う  楽天ブックスで買う


『So Far Away たくき よしみつSONGBOOK1』

原発が爆発する前の2010年、阿武隈山中のスタジオにこもって制作した自選ベスト曲アルバム
「メロディの価値」を信じての選曲。20代のときの幻のデビュー曲から阿武隈時代に書いた曲まで、全13曲
iPhone、iPadのかたはiTunesストアから、アマゾンmoraでも試聴可能


iTunesで!    アマゾンで!   
   

『3.11後を生きるきみたちへ 福島からのメッセージ』
『3.11後を生きるきみたちへ 福島からのメッセージ』 (2012/04/20発売 岩波ジュニア新書)…… 3.11後1年を経て、経験したこと、新たに分かったこと、そして至った結論
今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う

立ち読み版は⇒こちら
裸のフクシマ 『裸のフクシマ 原発30km圏内で暮らす』(たくき よしみつ・著) (2011/10/15発売 講談社 単行本)…… ニュースでは語られないフクシマの真実を、原発25kmの自宅からの目で収集・発信。
今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う

立ち読み版は⇒こちら

Kindle Unlimited なら無料で読めます↓