バンクーバーオリンピックやぶにらみメモ2010/02/19 17:50

毎日、テレビはオリンピック中継を流しっぱなし。
男子スノボのハーフパイプ。チャラオ代表の国母選手は、なかなかgracefulな演技でありましたね。最後、立てればメダルだっただろうけれど、そのへんがやっぱり王者ショーン・ホワイトとの差なのだろうか。
それにしても、あの競技って、ズボンずり下げてわざと難易度を上げているとか? 日本中のおっさんたちが、「ズボン上げなさい! ほら言わないこっちゃない、こけちゃって! そんなんじゃ着地で踏ん張れないでしょうが!!」とか、テレビの前で言っていたんじゃないだろうか。
ずり下がりすぎて、お尻丸見えの選手もいたなあ。お尻半分見せてプラス0.5点。お尻全部見せるとプラス1点とかの難易度加算があったりして。

今日はリアルタイムで男子フィギュアを見ていた。織田選手のスケート靴の紐が切れたというシーン、なんだったんだろう、あれは。滑る前からそうとう摩耗していたということか。あれを観て、後から滑走する選手たちはみんな自分の靴紐を確認したのかな。そのとき、よれよれの靴紐だったら、平常心が保てないだろうなあ。今から紐を交換する時間はないし、交換して違和感があったら嫌だし、かといって切れたら一巻の終わりだし……と。
それにしても、チャプリンをテーマにした演出がますます哀しく感じられたシーンでありました。

プルシェンコ、力が落ちたなあと観ていたら、やっぱり点数が伸びずに2位。4回転を飛ばずにまとめたアメリカのガテン系選手(エヴァン・ライサチェック)が優勝というのが、ちょっと物足りない。
前夜、ちょうど『世界丸見えテレビ特捜部』で、アメリカ代表のジョニー・ウイアーのドキュメンタリーをやっていたので、ウイアーと、ライバルのライサチェックの演技は、ついつい他より熱心に観てしまった。
ウイアーはミスらしいミスをせずまとめたのだが、点数が伸びずにこの時点で5位(最後はプルシェンコが上にきたので6位)。
『世界丸見え~』で紹介された番組では、ウイアーが「親しい友人」の男性と一緒に風呂に入りながらふざけ合っているシーンや、子供の頃に憧れて、以後、ずっと一緒だった女性コーチをクビにする経緯などが紹介されていた。おそらく、アメリカ国内で制作されたウイアーのプロモーション?番組っぽい素材を使って、『世界丸見え~』では、バンクーバーに合わせ、アメリカの変わり者スケーターという切り口で取り上げたのだろうが、このウイアーという選手、ネットでちょっと検索すると、動物愛護団体から、衣装に毛皮を使ったことで大ブーイングがあり、衣装変更に追い込まれたり、どう見てもゲイなのに、自分がゲイかどうかを公表しないことでいろいろ言われたり(余計なお世話だよなあ)、次から次へとメディアにネタを提供し続けてきたらしい。
表情に陰りがあったのが気になった。
最終的には、優勝のライサチェックが257.67、2位のプルシェンコが256.36でわずか1.31点の差。
3位の高橋が247.23で4位のランビエール(スイス)が246.72 で、わずか0.51点差。どちらもきわどかったのだね。
オリンピック公式ページで、この点をコピーしたら、面白いことにページには表示されていない詳細データがコピーされていた。よく見ると、成績表の横に「+」のボタンがあり、それをクリックすると採点の明細(詳細)が表示されるようになっている。
例えば、ライサチェックの点数は↓

--------------------------------------------------------------------------------
257.67 Expand
LYSACEK Evan
Total Score Executed Elements Factored Program Components Deductions
167.37 84.57 82.80 0.00
Planned Elements Executed Elements Base Value GOE Score
Triple Lutz + Triple Toeloop Triple Lutz + Triple Toeloop 10.00 1.40 11.40
Triple Axel Triple Axel 8.20 0.60 8.80
Triple Salchow Triple Salchow 4.50 1.00 5.50
Circular Step Sequence Circular Step Sequence 4 3.90 1.20 5.10
Flying Sit Spin Flying Sit Spin 4 3.00 0.80 3.80
Triple Axel + Double Toeloop Triple Axel + Double Toeloop 10.45 -0.56 9.89
Triple Loop Triple Loop 5.50 1.00 6.50
Triple Flip + Double Toeloop + Double Loop Triple Flip + Double Toeloop + Double Loop 9.13 -0.40 8.73
Triple Lutz Triple Lutz 6.60 1.40 8.00
Double Axel Double Axel 3.85 0.80 4.65
Fly. Change Foot Sit Spin Fly. Change Foot Sit Spin 4 3.00 0.50 3.50
Straight Line Step Sequence Straight Line Step Sequence 3 3.30 0.90 4.20
Change Foot Combination Spin Change Foot Combination Spin 4 3.50 1.00 4.50

Totals Executed Elements 74.93 84.57

Music:Sheherazade by N. Rimski Korsakov
Program Components Unfactored Score Factor
Choreography/Composition 8.35 2.00
Transitions/Linking Footwork 7.95 2.00
Interpretation 8.40 2.00
Performance/Execution 8.50 2.00
Skating Skills 8.20 2.00
Factored Program Components 82.80
Deductions Value
Time Violation 0.00
Music Violation 0.00
Illegal Element 0.00
Costume & Prop Violation 0.00
Fall 0.00
Interruption in Excess 0.00
Total Deductions 0.00

--------------------------------------------------------------------------------
……となっている。
Planned Elements Executed Elements Base Value GOE Score
Triple Lutz + Triple Toeloop Triple Lutz + Triple Toeloop 10.00 1.40 11.40
……は、予定として提出した演技は、トリプルルッツとトリプルトウループのコンビネーションで、これの基礎点は10.00。実際にやったのも同じで、これにGOE(Grade of Execution =演技審判によって0をベースとして-3から+3の7段階で評価された各要素のできばえ)が1.4点加算されて、合計11.4点ということになる。
かなり細かな審査なのだなあ。すごく大変そう。過去、変な採点を巡っていっぱいトラブルが起きてきたから、改善されたのだね、きっと。
プルシェンコの採点表には、こんなのがある。

--------------------------------------------------------------------------------
Planned Elements Executed Elements Base Value GOE Score Quad. Toeloop + Triple Toeloop + Double Loop Quad. Toeloop + Triple Toeloop 13.80 0.80 14.60
--------------------------------------------------------------------------------
予定では、4回転トウループ+トリプルトウループ+ダブルループの3連続コンビネーションだったのが、実際には4回転トウループとトリプルトウループになってしまって、基礎点13.8にGOE0.8を加えて14.6だよ、という意味だわね。
ダブルループを減らしても、4回転を成功させているから、このコンビネーションジャンプだけを見ればライサチェックの最初のコンビネーションジャンプに対する点数11.4より3.2点も高い。それでも合計では、ライサチェックが167.37、プルシェンコは165.51で、1.86点負けてしまったわけだ。プルシェンコがもし最初のジャンプを予定通り4回転トウループ+トリプルトウループ+ダブルループの3連続コンビネーションにしていて、成功させていれば、それだけで金メダルだったのだね。
採点表を見ていると、そういうところまで分かって実に面白い。
ちなみに、織田選手の紐切れ中断は2点マイナスになっている。あの紐切れは転倒したトリプルループの前に起きていたのだろうか。もし、紐切れが原因でトリプルループを失敗・転倒していたのだとしたら、紐が切れなかったら、中断による減点2点、転倒による減点1点、トリプルループでのGOEマイナス2.6点が全部消えるだろうから、最低でも5.6点は上乗せされる。238.54点+5.6は244.14点だから、順位は2つ上がって第5位だった。
……そんなことも、採点表を細かく見ていくと分かるのだねえ。面白い。
ついでに、減点項目の「Costume & Prop Violation(コスチューム、小道具違反)」というのも気になった。
これってなんだろう? ポロリとかがあったら減点とか、そういうのだろうか。例えば、織田選手がチャプリンを演じるために、加藤茶のようなちょび髭をつけて出てきたら、この減点対象になるのかしら。とっても気になる。
ついでに、この採点詳細を見ると、4回転はQuadと表記されている。これって、最近ではCPUの「クアッド・コア」とかで馴染み始めた言葉だけれど、日本ではなぜか、ダブル、トリプルの次はクアッドとは言わずに「4回転」と言っている。なぜだろう。「クアッド・トウループ」とか言うよりも、「4回転!」とか言ったほうが華々しく聞こえるから?

カーリング中国チームに青木さやかが2010/02/19 19:22

カーリング。アメリカ戦、カナダ戦はきわどかったけれど、中国戦は力の差が歴然。
やはり、チームに不調な、あるいは不安定な選手がひとりでもいると勝てないのね。中国チームは完璧なんだもん。
青木さやかがいましたね。中国チームに。
あの、絶対にミスをしない眼鏡の二人+青木さやかのトリオが、経理課とかにいたら、嫌だなあぁ……と思った男性サラリーマンが、いっぱいいたのではないかしら。

アマンのビンディング2010/02/21 12:17

今日21日は、未明からジャンプラージヒル。録画して、結果を見ないように注意しながらじっくりテレビ観戦。今見終わった。
メディアは前日から「葛西が予選でトップ!」とはしゃいでいたけれど、言ってみれば、この予選というのは、無条件で決勝に出られる上位選手以外の選手が出なければいけないものなんであって、メダル争いレベルの戦いをするためにはトップ通過が当然。
予選のとき、試技をした予選免除選手(つまり、今季のトップレベル選手)たちはどうだったのかを伝えなければね。で、アマンは予選のスタート位置より下げた位置から飛んで、軽く危険距離に到達したというのだから、ああ、これは厳しい戦いになりますね、と伝えるべきところだろうなあ。

で、オーストリアチームが、アマンが使用しているビンディング(靴をスキーに留める留め金)がルール違反の危険なものだと抗議したというニュースが流れてきた。
こちら
読んでみたら、どうやら、普通のビンディングはゴムのように伸縮性のあるベルト状のものを後ろに用いているのだが、スイスチームが使っているビンディングは曲線状の鉄でできていて、空中姿勢を保持しやすいんだとか。その代償として、突発的な事態が起きたときは非常に危険だということらしい。
オーストリアチームは以前にこのタイプのビンディングを試みたことがあるが、あまりに危険なために採用しなかったんだとか。そういう危ないものを使っているアマンはよろしくない。ルール違反であるというのがオーストリアチームの主張。
ちなみに同じビンディングをスイスチームのキュッテル選手も使っているけれど、キュッテル選手はラージヒル24位だから、結局はアマンの実力が頭抜けていることに間違いはない。
2位のマリシュ(170cm)といいダントツに強いアマン(173cm)といい、長身ではない。オーストリアのエース、シュリーレンツァウアーは180cm。葛西は177cm。
小柄な日本選手が不利になるように、身長の低い選手は短いスキーしか履けないというルール改悪が行われてからは、しばらく長身選手ばかりが好成績を収めていたが、そこに現れた革命的な技術を持つ選手がマリシュ。そして前々回のソルトレイクシティ五輪で、ワールドカップ無冠のまま出てきていきなりノーマルヒル、ラージヒルで優勝したアマン。
ビンディングが危険なものなのであれば、きちんとしたルールで規制する必要があるだろうが、その前に、身長の高い選手が圧倒的に有利になるような不公正ルールを改正することが先じゃなかろうか。

アマンの強さの秘密2010/02/21 13:01

ついでにアマンの実力の秘密について一考してみた。
バンクーバーオリンピック直前企画・NHKの『ミラクルボディ』シリーズで、アマンが特集されていた。
彼の強さの秘密は、ずば抜けたバランス感覚と、空中姿勢の積極的な保持能力にあるという結果が出ていた。
サッツ(踏切)のタイミングが千分の1秒単位でずれただけで飛距離に大きく影響してくることは知られているが、その後、空中に飛び出した直後から、いかにスキー板の裏側でより大きな空気抵抗を受けるかが大切なことだと分析していた。
一般の選手は、飛び出した後のスキー板が、正面から見ると \ / になる。上から見ていわゆる「V字」になるという意味ではなく、真っ正面から見たスキー板の断面図がこうなるという意味だ。
V字飛行では、股を開いて脚を広げるから、自然と足首が外側に向き、スキーの断面はこの形になる。
これだと、下から受ける空気抵抗に対して、

 \ / 
 ↑ ↑

……こうなるから、上方向に空気が逃げてしまい、浮力が得られない。
これに対して、アマンやマリシュら、トップ選手は、スキーを地面に対して、
 _ _
 ↑ ↑

……この形に保持する能力を持っている。これだと、スキー板の底が空気をしっかり押さえ込めるので、より大きな浮力を得られる。
日本選手を見ていると、みんなサッツのタイミングと、その後の身体の前傾の技術に集中していて、このスキー板を地面に対して極力平行に保持するということをやっていない(やれていない)ように見える。
これをやるには、足首が柔らかいことが条件かもしれない。
アマンやマリシュは、飛び出した直後に、この
「スキー板を  \ / にせず、 _ _ にする」
ということに、ものすごく集中している感じだ。板が空気を掴み、びんびんとしなる様子が、他の選手たちと違う。
葛西選手は極端な前傾で攻めていくタイプだから、風が吹かないとまったく飛ばない。伊藤選手はバランスのとれたフォームを完成させているので、この、
「スキー板が  \ / にならないよう、 _ _ にする」
をマスターすれば、ぐんと伸びるんじゃないだろうか。
せっかくNHKがあそこまでしっかり分析してくれたんだから、利用しない手はない。

amazon.comを詐称した新種ウイルスか2010/02/25 11:30

今日、突然、このようなウイルス(おそらく)メールが2通着信した。Gmailのフィルターを通過してきているので、今までのデータベースに入っていない新種のウイルスだろう。
amazon.com でのお買い上げありがとうございます。明細をZIPで添付したのでご確認ください。という内容の本文で、怪しすぎるZIPファイルが添付されている。
ヘッダを見て送信元IPを確認すると、1通目の発信元のドメインはドイツのもので、IPはニュージーランド。2通目はアメリカのものだった。
世界中のボット(外部から乗っ取られたコンピュータ)から発信されているようだ。検索しても情報が出てこないので、多分、今日から一斉に大量送信されていると思われる。
絶対にこのZIPファイルを開かないこと。完全削除し、時間的余裕があればウイルススキャンしておくことをお勧めする。

タヌパック書店
小説、狛犬本、ドキュメンタリー……「タヌパックブックス」は⇒こちらから


「タヌパックブックス」はAmazonで購入でも買えます
医者には絶対書けない幸せな死に方
「医者には絶対書けない幸せな死に方」(講談社プラスα新書)
2018年1月18日発売  内容紹介は⇒こちら

以下のいずれからでもご購入できます(Click)
Amazonで買う   hontoで買う    7ネットで買う  bookfanで買う  LOHACOで買う  Yahoo!ショッピングで買う  楽天ブックスで買う


『So Far Away たくき よしみつSONGBOOK1』

原発が爆発する前の2010年、阿武隈山中のスタジオにこもって制作した自選ベスト曲アルバム
「メロディの価値」を信じての選曲。20代のときの幻のデビュー曲から阿武隈時代に書いた曲まで、全13曲
iPhone、iPadのかたはiTunesストアから、アマゾンmoraでも試聴可能


iTunesで!    アマゾンで!   
   

『3.11後を生きるきみたちへ 福島からのメッセージ』
『3.11後を生きるきみたちへ 福島からのメッセージ』 (2012/04/20発売 岩波ジュニア新書)…… 3.11後1年を経て、経験したこと、新たに分かったこと、そして至った結論
今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う

立ち読み版は⇒こちら
裸のフクシマ 『裸のフクシマ 原発30km圏内で暮らす』(たくき よしみつ・著) (2011/10/15発売 講談社 単行本)…… ニュースでは語られないフクシマの真実を、原発25kmの自宅からの目で収集・発信。
今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う

立ち読み版は⇒こちら

Kindle Unlimited なら無料で読めます↓