「集団的自衛権」の正体2015/10/09 18:30

国境なき医師団のメッセージ

アフガニスタンの国境なき医師団運営病院を米軍が空爆

2015年10月3日、アフガニスタン北部のクンドゥズで「国境なき医師団(MSF)」が運営する病院が米軍によって空爆され、患者やスタッフ22人が死亡、数十人が負傷した
大変なニュースだが、なぜか日本のマスメディアでは大きく報道されていない。
オバマ大統領は7日、同医師団のジョアンヌ・リュー会長に電話し、謝罪したという。
米軍がタリバン掃討のためにアフガン政府を支援して空爆を続けていた中で起きた「誤爆」だというが、本当にそうなのか?

MSFの外傷センターには、10月3日の午前2時8分から3時15分まで、15分間隔で爆撃が繰り返された。外傷センターの主要病棟、集中治療室、救急救命室、理学療法室の各施設が極めて正確に爆撃され、その周囲の施設はほぼ被弾しなかった。

MSFは、GPSを用いた外傷センターの位置情報を連合国軍、アフガニスタン政府軍、地域の行政当局に機会があるたびに知らせていた。これは、アフガニスタンに限らず、紛争地で活動する場合には必ず行っていることだ。しかも、外傷センターについては、直近では9月29日に情報を伝達したばかりだった。それにもかかわらず、爆撃されたのだ。
MSF外傷センターへの爆撃、「連合国軍は完全なる情報公開を!」MSF

アメリカは「誤爆」と言うが、病院施設を15分間隔で正確に爆撃する誤爆などありえるのか?
「ま、いっか」という感覚でやったのではないのか。その判断や生命軽視が「誤」だったと謝っているということなのか?

冷静に考えてみてほしい。アメリカは病院を爆撃したのは「ミス」でしたと言っているが、他国(アフガン)の政府に勝手に肩入れして、反政府勢力を一掃するために、他国の土地に爆弾をドカドカ落とすこと自体は間違っていない、「正当な行為」「正義の戦い」だという感覚を持っているのだ。そう考えるだけでなく、実行しているのだ。そもそもこれは正常なことなのか?

どのならず者集団に加わるか

MSFの医療施設に米軍が空爆をした2日後の10月5日、脳科学者の茂木健一郎氏が、「SEALDs奥田愛基氏へに送られた『誹謗中傷ツイート』にある見逃せない『論点』」と題する文章を発表した。

SEALDsの中心メンバー奥田愛基さんと父親の奥田知志さんに対して殺害予告が来て、それを警察に届けた。
これを揶揄するかのように、ネット上で「個別的自衛権で十分なんじゃね?」といった類の書き込みがあった。そのことに対して、茂木氏は「そうではない」と、極めて論理的かつ明解に指摘している。
非常に重要なことなので、例によって一部抜き出してみる。

そもそも、国家はどうして必要なのか? ホッブズ「リヴァイアサン」の社会契約論によれば、自然状態では「万人の万人に対する闘争」(bellum omnium contra omnes)になってしまうため、個人の権利を一部制約しても、国家というシステムを作るのである。
(略)
(しかし)現実の国際社会は、地球という「超国家」の下に各国家が「個人」として存在するような状態にはなく、むしろホッブズの言う「万人の万人に対する闘争」に近い状態にある。
核兵器を含むさまざまな兵器を持った国家同士が対峙する地球は、個人が権利を譲り渡して国家をつくった「リヴァイアサン」の状態よりは、むしろ、ならず者たちが実力で向き合う無法状態の方に近い。そんな中での「集団的自衛権」は、結局、どのならず者の集団に加わるか、ということに近い。

アメリカは、かつて「世界の警察官」を自認し、今でもその残滓があるが、アメリカが「紛争解決」のためにやってきたことを冷静に見れば、そこにはほとんど無制限の国家という「リヴァイアサン」の暴力があるだけだ。ベトナムでも、イラクでも、アメリカは平和の名のもとに破壊を繰り返してきた

戦争は、結局、国家という「リヴァイアサン」の好き勝手な行為、に近く、大量の兵器が消費され、それを製造して販売する人たち=「死の商人」が儲かる。タリバンやアルカイダ、ISISを生み出す遠因にもなる。結局、国家による「警察行為」は、平和を生み出すどころか暴力の連鎖をもたらすだけだ。


まさに僕が常々感じていたことをズバリと言ってくれている。
安倍政権が言う「集団的自衛権」とは、警察が市民の安全を守るというような話ではなく、武力抗争を繰り返している暴力団の中で、いちばん強そうな組の下っ端につこう、という話だ。
日本は「いちばん強そうな組」としてアメリカを絶対的親分として見ている。
日本の歴代政府は、アメリカという組の親分に対して恭順を示しつつも、自分の組(日本という国)の自主・自立をいかに守るかという駆け引きを続けてきた。ところが、今の安倍政権は、そうした駆け引きをする能力がなく、ヤクザに憧れる不良番長のように、ただただ「組に入れてください」「入れてくれたらなんでもします」「チャカやドスも持たせてください」「鉄砲玉用意しますんで、好きなように使ってください」と言っているに近い。

戦勝国は、残念ながら、国家のリヴァイアサン性を反省する必然性に乏しい。原爆を投下しながら、未だに国家としては反省の言葉を述べていないアメリカはその象徴だ。集団的自衛権は、結局、警察よりは、反省のない怪物の中に加わることに等しい。
(略)
結局、「集団的自衛権」の美名の下に行われる活動の実態は、国家の中の警察行為とは、かけ離れた、むき出しの暴力であることが現実に多かったし、これからもおそらくそうだろう。私は、日本がそのような、ならず者連合に加わることが、国家としての利益に資するとは考えない。だから反対する。

さらには、
このような時代に、日本が「普通の国家」、すなわち、国家主権の発動としての戦争行為を無反省にやる戦勝国連合に加わることは、人類全体の損失である。

……と、「損得」を超えて一歩踏み込んだ思想を表明している。

僕自身は、人類全体が合理的な考えの下で最大値の幸福を実現していけるまでに成長・成熟することは極めて困難だと思っていて、その点についてはほぼ絶望している。
しかし、今の日本の政権は、人間性悪説の上に立って見ても、あまりにレベルが低すぎる。
悪代官が悪知恵を駆使して下々の者からなけなしの稼ぎを巻き上げるような世の中は今までもあったし、これからも続くだろうが、悪代官たちが悪ガキの暴走をコントロールできない世の中にまでレベルが下がると、壊滅的な危機へと一気に落ちていく。

日本が絶対忠誠を示す「最強のならず者集団」は、最先端兵器で病院を正確に爆撃して、「誤爆、誤爆、ごめんね」と言ってのける集団だ。
その集団にくっついて暴力をふるいたいと思う人物に国の運営を任せることが、国民の平和、安全に寄与することになるのか。
「集団的自衛権」とか「積極的平和主義」「国際社会の一員としての貢献」といった言葉の先にあるのは何なのか。
アメリカがそうした言葉の下で行ってきたことは、歴史にはっきりと刻まれている。ベトナムであり、イラクであり、アフガンだ。
日本国民の大多数がそんなことさえも分からなくなってしまっているとしたら、本当にもう末期的状況と言うしかない。
親分は言わばラスボスで、簡単には表に出てこない。鉄砲玉として消費されるのは子分のほうだ。アメリカがラスボスだとすれば、日本はスライム。安く消費されるんだよ。
今だって、日本はアメリカの国債を馬鹿みたいにいっぱい買わされ、いいカモにされている。この状態に集団的自衛権が加われば、日本はこれから先、金をむしり取られるだけでなく、人命も消費させられる。

もうひとつ忘れてはいけないことは、ならず者集団のボスは常に「どっちが儲かるか」「どっちが得か」で動くということ。日本の武士道のように、義理だのけじめだの道理だのでは動かない。
日本が他国から攻められるような事態になったとき、武器商人はビジネスとして、自国の軍隊を派遣するよりも、日本に武器を売ろうとする。
「自分の国は自分で守らなきゃダメでしょ。そのためにはいい武器が必要でしょ。いい武器ありまっせぇ」って言ってね。
そのほうがリスクを少なく、儲けることができるのだから、当然だ。
彼らは「商売」としての戦争をやっている。日本より中国のほうが大切だと判断すれば中国を選ぶし、日本を助けるより見捨てたほうが損失が少ないと思えば迷うことなく見捨てる。
見捨てられないようにしたいなら、「チャカ持ってついていきやすぜ」という忠誠心ではなく、自力で技術や文化、経済を磨いて競争力をつけ、世界から一目置かれる、本当の意味での「強い国」になることだ。戦後、日本はその努力をしてきたのではないのか。武力紛争に加わらない国、武器を売らない国が高い技術を持っている。あそことは仲よくしておこう……そう見られてきたのではないのか。
それこそが最も強力で有効な「国防」策ではないのか。

さらに憲法のことを言うなら、日本国憲法がアメリカの手を借りて作られたものであるということこそが最高の「安全保障」だと、なぜ分からないのか。
今ではならず者国家の先頭を走るアメリカが、あのときは厭戦気分が最高潮に達していて、たまたま「理想」的な憲法の創案に手を貸して日本に与えた。今のアメリカにはあのときの理想主義はもうない。なりふり構わず、やりたい放題のならず者国家になっている。
そのアメリカに対して「親分にいただいた尊い憲法があるので、うちらは親分の鉄砲玉として人殺しの現場には行けません」って言えるのだから、これこそ最高の「安全保障」ではないか。
こんなに幸運なキラーアイテムを自ら捨てるなんて、ゲーマーとしてもヘタレすぎだ。





「地方創生」という言葉の軽さといかがわしさ2015/10/31 14:25

テレ東の『カンブリア宮殿』10月29日放送の 「田舎の埋もれた宝を“デザイン”の力で輝かせる男!  梅原デザイン事務所  梅原 真(うめばら まこと)」を見た。

佐野研二郎事件の後だけに、似たような仕事をしていてもずいぶん生き方が違うなあと、興味深かった。

高知県の旧・十和村(現・四万十町)。人口3000人足らずの地域に年間15万人が訪れ3億3000万円売り上げる道の駅がある。オリジナル商品のパッケージが評判だ。同じく高知の港町では、お母さんたちがキビナゴの塩漬けを手作りしている。これもパッケージが目立つと人気になり、東京の伊勢丹でも売っているほど。これらのパッケージデザインやコピーを手がけたのは、デザイナーの梅原真。梅原は高知県に住み、一次産業を元気にする仕事ばかり手がけている。田舎がかかえる劣等感は、考え方ひとつで魅力に変わると梅原は言う。一見「なんにもない」地方の埋もれた商品の魅力を引き出しヒットさせてしまう、その手腕を取材!
番組PRページより)

人口3000人足らずの村というと川内村と同程度。そんな田舎にも、こういう人がいて、地域の人が一緒に努力すると自立経済が芽生える。
川内村でゆくゆくは僕もこんな感じのことをやれたら……という思いがあった。それを進めていく前に、風力発電問題が起き、原発が爆発した。
四万十にもおそらくそうしたことはなんやかや起きているはずだが、それでも何人かの人と気持ちがうまく響き合い、なにがなんでもやるんだという強い意志があるところにはこうした光もさす。

番組のまとめで梅原氏がストレートに言ったことは、ことごとく頷ける。






……そういうことだよね。

ただ、これは簡単なことではない。個人の力だけではどうにもならない局面が多々出てくる。

ボランティア組織が、事業型NPOへの成長に立ちはだかる「死の谷」とはなにか、どう乗り越えるのか


この秋元祥治氏の話もなかなか考えさせられる。

ボランティア型の市民団体やNPOが、事業で自立していく事業型NPOに発展・成長していく過程には、単に連続的ではない「死の谷」があるという話。
何かしらの問題意識や高い志から活動を始めたリーダー(個人もしくは複数)に共感する人々が一緒になって取り組みをしていくが、その先には「明るい社会、暗い家庭」と揶揄されるような難関が待ち構えている。

そこで行政がどういうスタンスで力を貸すか、センスと情熱を持った行政マンがいるかどうかが大きくものを言う。
例えば、広島県神石高原町(じんせきこうげんちょう)にあるNPO法人ピースウィンズ・ジャパンが、殺処分前の犬を引き取り、獣医師による診断、ドッグトレーナーによるしつけを行い、新しい飼い主を探しているという活動
「ふるさと納税」制度と組み合わせたことで資金が集まるようになったそうだが、これなどは行政との連携なしでは実現できない。つまり、自治体に同じ価値観・感性を持っている職員がいないと無理だ。

次に、

日本の農山漁村は世界の先頭にいる。『東北食べる通信』編集長・高橋博之さんが語る、日本活性化計画


これもとても共感する記事だった。

高橋氏は岩手県の県議会議員を2期務めた後、2011年、3.11後の知事選に立候補して落選。その後は『東北食べる通信』という情報誌を創刊して、今は全国の食文化、地域特産物情報などを発信しながら日本の一次産業をどう強くするかを考え、奮闘している。
県議の活動のなかで知ったのが、一次産業、つまり農業や漁業などの問題だったんです。「食えない」「担い手がいない」という声をあちこちで聞いて、農村を歩いて生産者から話を聞くようになりました。
もちろん課題もたくさんあったのですが、そこにあったのは、自然と向き合う彼らの世界の豊かさと、リアリティ。もう圧倒されました。「食べものの裏側にいる生産者と、消費者をつなげたい」という気持ちが強くなっていったのです。

このスタンスは最初に紹介した土佐の梅原真氏と共通する。
梅原氏は自分が「面白い」と感じ、依頼者のやる気が本物だと思える仕事しか受けない。その結果、自然と一次産業が中心になるという。巨大な金が動くのがいい仕事と考える大手広告代理店的な思考とは相容れない。

話を高橋博之氏に戻すと、彼は「都市か地方か」ではなく、どちらの長所・短所も知った上でバランスのとれた社会を実現することが必要だと説く。

  • 今の地方創生議論には新しさがない。なんだかんだいって、経済だ、雇用だと、結局成長を目指している
  • 成長を目指すから負けが生じる。成長を価値とする社会のあり方は続かない
  • 貨幣や雇用を生んでも、そこで働く人たちが幸せにならないと意味がない
  • 今の地方創生には、「農山漁村はこのままだとなくなってしまうから助けないといけない」「地方は可哀想だからなんとかしなくちゃ」という文脈や、「負けている連中が(失ったものを)取り返す」といった悲壮感も漂っているように感じる
  • 個人を重視する外に開いた風通しのよい「都市型社会」と、共同体を重視する内に閉じた「地方型社会」。どちらも単体では行き詰まっている。
  • そこで必要なのが「都市と地方をかき混ぜる」という視点。地方だけで自立するのは難しい
  • 地方の人たちと都市の人たちの両方が、自分たちの生存基盤となる新しいコミュティを形成する住民になれれば……


……と、このインタビュー記事の中には名言や頷ける視点、考え方がいっぱい詰まっている。

さらには、
いきなりは変わらないけど、読者はもちろん、若い人や学生など、ただ消費して暮らすことに飽きている人たちが農山漁村に目をつけ始めています。人口比率で言ったらまだ少ないけれど、消費者の意識が確実に変わり始めていますよ。
きっと、3、4世代くらいの時間がかかるのではないでしょうか。
でも、未来を見据えた大きな目標があれば、日々の失敗や批判はどうでもよくなる(笑)。
目先しか見ていないとくじけるんですよね、うまくいかない時に。
僕はこの活動に人生をかけています。自分が死んだ後もこのうねりが続いていくような意識でいますから。

……という取り組みのスタンスにもとても共感する。
僕自身、自分が生きている間にできることはほんの入り口、ヒントを提示できるかどうかで、僕が死んだ後に芽を出す種になるかどうかが勝負だと思っている。
実は生らないかもしれない。実らない可能性のほうが圧倒的に高いだろうけれど、種をまいてから死んだほうが楽しく死ねる気がする。死んじゃったら結果は見えないのだから、いい夢を見ながら死ねるんじゃないかと。

新唱歌シリーズ日光クリックなんかも、みんなそういう気持ちでやっている。じゃないとやれないよね、特に今のようなご時世だと。


最後にもう一つだけ。
連日ニュースになっているマンションの杭打ちデータ改ざん事件から、一級建築士・マンション管理士の廣田信子さんのブログやメルマガの一部を読む機会を得た。
その中で、今年6月の記事「関心を寄せて何も言わないのは無関心じゃない」は、とても共感できる話だ。
「常に価格を比べて一番安いところに発注するのは当たり前」という考え方には大きな落とし穴がある。
「社会はつながっているのだから、体を血液がさらさらと流れるようにお金がスムーズに流れることが健全な社会を維持するためには必要」だと彼女は言う。
ピンポイントで、ここにいくらかかるか、ではなく、社会全体の健康状態を維持するという考え方が重要だ、と。

  • みんなが、「できるだけ安く」を追求すると、現場で働く人たちにしわ寄せがいく
  • 建築の世界でも、長引く不況で、建築コストがどんどん下げられ、時にはゼネコンがとった工事を下請けに赤字の価格でやらせる
  • 下請けは仕事がなければ倒産してしまうので、自転車操業になり、赤字でも請けざるを得ない
  • 結果、現場では、職人さんたちが日当にもならない価格で請けたり、素人同然の安い人に仕事を回すことで熟練の人が消える事態が起きる

こんな状態で、いい仕事ができるはずありません。

たくさんの人が仕事を辞めていきました。
新しく本気で現場の仕事に参入する若い人なんていません。

で、東日本大震災が起こって、復興工事に人手がいるといっても、現場の職人さんがいないのです。職人さんの取り合いです。

今、東京オリンピックを前に、人手はいくらあっても足りないと言われますが、職人さんは急に降ってわいてはこないのです。


浦安市の道路の復旧工事もなかなか予定通りに進みません。
人がいないのです。

現場で働いている人は、70代と思しき人も多くて、引退した人をまたかき集めている状態で、こんな高齢の人を厳しい現場で働かせていいのか…と思わず心配になってしまいます。

社会システム云々という話はありますが、それより以前に、一人一人が、自分の生活を支えてくれている人に少し思いを寄せたいと思うのです。
私は、自分たちが「より安く」を求め続けることで、そういう現場にしわ寄せがいってしまうのが悲しいんです。


今、テレビでは杭打ちデータ改ざんの責任はどこがどうとるのかといった話題でもちきりだが、根本的には、社会を構成するすべての人が、他人の生活や仕事に対して、ほんの少しでもその人の立場に立って思いを寄せることができるかどうか、ということがとても重要なのではないだろうか。
「無関心で任せきりというのは、支出に無関心ということだけでなく、自分の生活をさせてくれている人にも無関心ということ」
そう、これは極めて根本的なこと。
またまたしつこく書いてしまうが、「クラウンじゃ嫌だ、レクサスにしろ。新車の納車まで待てないからそれまでリースしろ」とごねるような人間が「地方創生大臣」をやっているような国では、みんな頑張る気力がなくなってしまう。

そんな政治の下、風潮の中でつぶされずに生き抜くには、「個」を失わないことと、個と個がしっかりつながることしかない。ここでいう「個」とは、「守るべき、伸ばすべき個性」と言い換えてもいい。地方創生とか言う前に、まずは「個人」がしっかり自分の幸福感、価値観を見つめることから始めるしかない。
無関心・無責任は自滅型全体主義に加担する結果につながることを忘れないようにしたい。





タヌパック書店
小説、狛犬本、ドキュメンタリー……「タヌパックブックス」は⇒こちらから


「タヌパックブックス」はAmazonで購入でも買えます
医者には絶対書けない幸せな死に方
「医者には絶対書けない幸せな死に方」(講談社プラスα新書)
2018年1月18日発売  内容紹介は⇒こちら

以下のいずれからでもご購入できます(Click)
Amazonで買う   hontoで買う    7ネットで買う  bookfanで買う  LOHACOで買う  Yahoo!ショッピングで買う  楽天ブックスで買う


『So Far Away たくき よしみつSONGBOOK1』

原発が爆発する前の2010年、阿武隈山中のスタジオにこもって制作した自選ベスト曲アルバム
「メロディの価値」を信じての選曲。20代のときの幻のデビュー曲から阿武隈時代に書いた曲まで、全13曲
iPhone、iPadのかたはiTunesストアから、アマゾンmoraでも試聴可能


iTunesで!    アマゾンで!   
   

『3.11後を生きるきみたちへ 福島からのメッセージ』
『3.11後を生きるきみたちへ 福島からのメッセージ』 (2012/04/20発売 岩波ジュニア新書)…… 3.11後1年を経て、経験したこと、新たに分かったこと、そして至った結論
今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う

立ち読み版は⇒こちら
裸のフクシマ 『裸のフクシマ 原発30km圏内で暮らす』(たくき よしみつ・著) (2011/10/15発売 講談社 単行本)…… ニュースでは語られないフクシマの真実を、原発25kmの自宅からの目で収集・発信。
今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う

立ち読み版は⇒こちら

Kindle Unlimited なら無料で読めます↓