『阿武隈裏日記』を改題しました。
たくきの日記はこちらからお入りください

数万円で高音質PCオーディオ環境を作る2017/02/02 19:34

こんなんでも「いい音」が聴ける時代に

高音質ミニマムPCオーディオ環境の作り方


最近、KORGのDS-DAC-100mという再生専用USBオーディオインターフェイスをつけたところ、PCからの音楽再生品質が劇的に上がったので、それを踏まえて、
  • PCに溜め込んだデジタル音楽ファイルを
  • できる限りコンパクトな環境で
  • できる限り安く
  • できる限り高音質で
楽しむ方法について簡単にまとめてみる。

 必要なものは4つ

  1. パソコン
  2. オーディオインターフェイス
  3. パワーアンプ
  4. スピーカー
1)のパソコンはメインに使っているものでももちろんいいのだが、古いノートパソコン(OSはXPでもなんでもいい)などが余っていたらそれをスタンドアローンで音楽再生専用にしてしまうのも一つの方法だ。
普段の仕事場環境(仕事机の上など)にコンパクトながら高音質の心地よいオーディオ再生環境を構築するのか、リビングなどに専用の環境を作るのかによる。

 キモは高品質DAC

2)のオーディオインターフェイスは重要。汎用性の高いUSB接続のものでよいが、再生専用で極力高音質なものが必要。
パソコンの代わりにiPadやiPod touch、iPhoneを使おうとすると、USB端子がないので、Thunderbolt端子につなげるオーディオインターフェイスが必要になる。しかし、再生専用のコスパの高いThunderbolt仕様オーディオインターフェイスというのは見あたらない。あるのはiOS端末で楽器演奏や歌を録音したりする目的で作られたものが多く、マイクプリなどを含む分、肝心のD/Aコンバータ (DAC =デジタル信号をアナログの音声信号に変換する部分)の品質に疑問がある。それなら古いノートパソコンなどにUSBの高品質オーディオインターフェイスをつけたほうがはるかに高音質が期待できる。
具体的には、以下のような機種。
     

M-Audio USBオーディオインターフェイス 3ポートハブ M-Track HubはUSBハブポートとしても使えるあたりがミソか。
出力端子がヘッドフォンを含めて標準フォーンジャックだったり、でかいボリュームつまみをアクセント的につけていたりするところも質実剛健なイメージ。

FX-AUDIOの DAC-X6J も評判がいい製品。このメーカーは部品の品質にこだわり、コスパの高いものを採用している真面目さを感じられる。

KORGの DS-DAC-100m は、僕が最近買って、今実際に使っているやつ。再生専用で定価が3万円台というのは、それだけD/A部分に金をかけているのだろう(と信じたい)。実際、音質はパソコンの内蔵DACなどよりずっとよい。
外部のオーディオインターフェイスをつけるからには、このクオリティ以上にしないと意味がない。

アンプは数千円で高音質が手に入る時代に

3)については中華デジタルミニパワーアンプを勧める。
Tripath社のTA2020、TA2024というデジタルアンプICを使ったシンプルなパワーアンプを選べばほぼ間違いはない。
Lepyが代表的だが、中国製は溶接ミスなどの初期不良などがある危険性は覚悟したほうがいい。僕は3つ買って1回もハズレはなかったが、たまにあるらしい。
少し高いが(といってもオーディオインターフェイスより安いのだからすごい時代だ)、FX-AUDIO- FX202Jはコイルやコンデンサに品質のよいものを使っているようで、安心感がある。DC12V/2A DCジャック5.5mm×2.1mm(センタープラス)が別途必要なので、似たスペックのAC電源アダプターがない場合は購入が必要。



最後は4)のスピーカーだが、これは完全なアナログ製品、いわば「楽器」であり、最も音が変わるし、値段もタイプも様々だ。単純に高い製品がいい音で鳴ってくれるとは限らないから難しい。
3)のデジタルアンプは音質はすばらしいが出力はあまりないので、あまり能率の悪いスピーカーは組み合わせたくない。
楽しむつもりで、いっそ自作バックロードホーンなどはどうか。バックロードホーンは密閉型スピーカーとはだいぶ違うリアリティある音場が体験できて、とにかく「楽しい」。エンクロージャの塗装などをやればDIYの楽しみも得られるし。

バックロードホーン型エンクロージャーキットBW-800 2本で送料込み6000円ちょっと。サイズは300H×210D×110W(mm)

 と……

FOSTEX FE83En 長い歴史を誇るFOSTEXのユニット 2本で約9000円

を組み合わせる。
スペースがあるなら10cmにサイズアップして、さらにトールボーイ型エンクロージャにしてみるのもよい↓

トールボーイ型バックロードホーンエンクロージャーキットTBW-1000(2本分で12000円+送料)サイズは662H×200D×140W(mm)


今は亡き長岡鉄男氏がFOSTEXのFEシリーズを使って作り出した「バックロードホーン自作ブーム」はおよそ50年前。僕も中学生の頃にやってみた。今でもアナログの世界はあの頃となにも変わっていないのだ。


ちなみに僕の場合は仕事机の上なので、昔購入した中国製TANNOYがのっている。悪くはないが、特に面白いスピーカーではない



上からKORGのDS-DAC-100m(USBオーディオインターフェイス)、MUSEのデジタルアンプ(TA2024採用)、その下は外付けDVDドライブ、その下がTANNOYのミニスピーカー。つながっているパソコンは仕事に使っているメインマシンのaba のファンレスパソコン(Core i7/Windows7 64bit)


以上、具体的にまとめてみた。
最終的にはスピーカー次第だが、低価格でかつて数十万円かかったクオリティのオーディオを楽しめる。
ポイントは、
  • デジタル部分は割り切る(値段を気にしない)
  • アナログ部分を重視する(音というのは結局はアナログなのだから)

ということ。
デジタル信号を処理している部分は現代のパーツを信じ、それをアナログ波に変換するD/Aコンバータ(DAC)部分や、最終的に音として空気中に再生するスピーカー部分にはしっかりこだわる。

昔に比べれば、数万円でいい音が手に入るし、レコードやCDのようなかさばる「もの」がいらないのだから、いい時代ではある。


タヌパックスタジオで生まれた音楽の1つ『アンガジェ』(↑Clickで再生)




タヌパック書店
たくき よしみつのオリジナル出版物販売 「タヌパック書店」は⇒こちらから




↑ご協力お願いいたします

『So Far Away たくき よしみつSONGBOOK1』

原発が爆発する前の2010年、阿武隈山中のスタジオにこもって制作した自選ベスト曲アルバム
「メロディの価値」を信じての選曲。20代のときの幻のデビュー曲から阿武隈時代に書いた曲まで、全13曲
iPhone、iPadのかたはiTunesストアから、アマゾンmoraでも試聴可能


iTunesで!    アマゾンで!    moraで!

『デジタル・ワビサビのすすめ 「大人の文化」を取り戻せ』
デジタル・ワビサビのすすめ   大人の文化を取り戻せ   (講談社現代新書 760円+税)
人間関係、音楽、写真、アート……デジタルで失った文化を、デジタルを使いつくし、楽しみつくすことで、取り戻す!  スティーブ・ジョブズの魂、ジャック・ドーシーの哲学  ──共通するのは、日本発の「ワビサビ」の精神だった。 リタイア世代の「地域デビュー」にも大いなるヒントに
アマゾンで購入は⇒こちら

詳細案内は⇒こちら

数字と確率で実感する「フクシマ」

 今「この程度」で済んでいるのは、宝くじに当たるより難しい確率の幸運だったのではないか? 分かりやすい「7つの『もしも……』」を簡潔にまとめた電子ブックレット
数字と確率で実感する「フクシマ」
Kindle版 アマゾンコムで注文今すぐ読めます
 

新・マリアの父親 Kindle版

新・マリアの父親(Kindle版)

(2013/01 Kindle版)…… 20年前にすでに「フクシマ」を予言していたと注目が集まっている「小説すばる新人賞」受賞作が電子ブックで改訂版復活。原本は古書価格がアマゾンでも2万円を超えて売られていることもある「幻の書」。
新・マリアの父親(横書きバージョン)
アマゾンコムで注文今すぐ読めます
 
『3.11後を生きるきみたちへ 福島からのメッセージ』

『3.11後を生きるきみたちへ 福島からのメッセージ』

(2012/04/20発売 岩波ジュニア新書)…… 3.11後1年を経て、経験したこと、新たに分かったこと、そして至った結論
今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う

立ち読み版は⇒こちら
裸のフクシマ

『裸のフクシマ 原発30km圏内で暮らす』(たくき よしみつ・著)

(2011/10/15発売 講談社 単行本)…… ニュースでは語られないフクシマの真実を、原発25kmの自宅からの目で収集・発信。
今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う

立ち読み版は⇒こちら