福島第1原発の津波前と後の写真2011/03/14 10:02

グーグルアースで見られる第1原発の津波前と後
グーグルアースで、被災地のbefore after が見られる。
日本のメディアは報道規制(自主規制?)をしているようだが、福島第1原発の付帯設備(ポンプ群なども含む?)は全部津波で流されているのだ。
メディアでまともな報道をしているのは河北新報など地方メディアくらい。
あとは一部のブロガーだけというお粗末。
テレ朝は解説役の大学教授が、高速増殖炉もんじゅを推進せよと主張している原子力推進派のリーダー的存在で、終始、いいわけやごまかし、はぐらかしに終始したコメント。
このニュースが如実に物語っている

福島第1原発で新たに33機器点検漏れ

 保守管理の規定の期間を超えても点検を実施していない点検漏れの機器が見つかった問題で、東京電力は28日、経済産業省原子力・安全保安院に調査結果を最終報告した。報告では福島第1原発で新たに33機器で点検漏れが見つかった。県は「信頼性の根本に関わる問題」と東電に再発防止策の徹底を求めた。
 東電によると、福島第1原発で見つかった点検漏れは定期検査で行われる機器ではなく、東電の自主点検で定期点検が行われている機器。しかし、最長で11年間にわたり点検していない機器があったほか、簡易点検しか実施していないにもかかわらず、本格点検を実施したと点検簿に記入していた事例もあった。
(2011年3月1日 福島民友ニュース)

第一原発3号炉も先ほど爆発。1号炉のときより大きな炎と爆風、煙。
第二原発はもっと危機的な状況だという情報も飛び交っている。経産省保安員の担当者はここに来ても時折笑いながら要領を得ないコメントを読み上げるだけ。
マグニチュード9.0ということが強調されているが、原発に関しては完全な人災。これのおかげで、被災者の救助作業や地域復興支援もしばらくはほとんど不可能になる。浜通りは長期間ゴーストタウン化するだろう。 前県知事よりはるかに東電に対して甘かった現佐藤知事の責任も大きい。

取次業者、Reuter.FMのご厚意により、2011年3月16日から同4月15日までの期間、タヌパックの全音楽配信における取次手数料全額が東北関東大震災への義援金として使われることになりました。音楽を聴いて心を落ち着けながら、些少でも寄附ができるということです。右のアルバム試聴プレイヤーのBUYでご希望の配信ショップ(iTunesストアやAmazonなど)からご購入できます。ご協力を!! 

コメント

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://gabasaku.asablo.jp/blog/2011/03/14/5739835/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。


タヌパック書店
小説、狛犬本、ドキュメンタリー……「タヌパックブックス」は⇒こちらから


「タヌパックブックス」はAmazonで購入でも買えます
森水学園第三分校 コロナで巣ごもりの今こそ、大人も子供も「森水学園」で楽しもう

『介護施設は「人」で選べ』

親を安心して預けられる施設とは? ご案内ページは⇒こちら

   

『3.11後を生きるきみたちへ 福島からのメッセージ』

『3.11後を生きるきみたちへ 福島からのメッセージ』

(2012/04/20発売 岩波ジュニア新書)…… 3.11後1年を経て、経験したこと、新たに分かったこと、そして至った結論
今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う

立ち読み版は⇒こちら
裸のフクシマ 『裸のフクシマ 原発30km圏内で暮らす』(たくき よしみつ・著) (2011/10/15発売 講談社 単行本)…… ニュースでは語られないフクシマの真実を、原発25kmの自宅からの目で収集・発信。
今すぐご注文できます 
アマゾンコムで注文で買う

立ち読み版は⇒こちら

Kindle Unlimited なら無料で読めます↓